水虫は早めに治療しよう!~選べる治療薬で快適治療~

看護師

症状に合わせて使い分ける

ハートを持つ医者

足に起こる皮膚病として有名な水虫は、外では掻きづらい足の指の間などに強い痒みを感じるやっかいなものです。水虫を引き起こす原因は白癬菌とよばれるカビです。あせっかき体質の方や革靴などの蒸れやすい靴を長時間履く方が感染しやすいとも言われています。現在、水虫には様々な治療薬が出回っており、皮膚科の処方箋はもちろんのこと、ドラッグストアなどで手に入る市販薬も豊富な種類があります。主に、水虫の治療薬のタイプとしては、クリーム状、液状、スプレー状、ジェル状、パウダー状のものがメインとなっています。これらのタイプは自分がなっている水虫の種類によって使い分けることで、より効果を期待できるのです。まずクリーム状の治療薬は、足の間にできてしまった水虫に効果的です。ジュクジュクとした水虫や、分厚く角化してしまった水虫にも合うタイプです。液状のものは、患部がカサついている水虫などジュクジュクしていない水虫に向いています。刺激が強いものが比較的多いので、痛みを強く感じた場合には使用しないほうがよいでしょう。次にスプレー状の治療薬ですが、これも患部がカサついている水虫に適しています。さらに、スプレーは広範囲にムラなく塗布することができるので、患部が広がってしまった水虫にも合っています。ジェル状の水虫薬は、乾きが早いものが多いので、朝などの忙しい時間帯に便利です。パウダー状の薬については、ジュクジュクになってしまった水虫によく、患部が長時間サラサラになるので快適さを求める方にもおすすめです。このように用途に合わせて水虫の治療薬を選ぶことで、快適に治癒できるのです。